講師経験が豊富な人がベスト

多くの知識が備わっている

講師経験が豊富な人は、それだけ多くの知識が備わっているということです。もちろん講師経験の浅い人が全て駄目という訳ではありませんが、講師のキャリアは確認するべきポイントです。一口に人材育成研修とは言っても、そのアプローチは様々です。その人材の能力によっても話す内容が変わってきますし、どのような方法で伝えるべきか瞬時に判断する必要があります。講師経験の豊富な人は、この辺りを察知して的確な人材育成研修を行うことができます。研修に積極的な人間にはどう接するか、そしてやる気のない人間はどのように接するかなど経験が豊富なほど引き出しも多いです。また、経験豊富ということはそれだけ多くの人に信頼されているので、安心できます。

声量が適切で話の伝え方も上手い

講師経験が豊富な人は、いかに分かりやすく伝えるかという部分を大切にしています。ボソボソと小さな声で話していては相手が眠くなりますし、何より緊張感がありません。かと言って大きな声で話すと気が散って内容が入ってこないです。適切な声量で話すと聞いている側も不快ではないですし、気持ち良く過ごせます。話の伝え方にも長けていて、頭の中の言葉を上手に話します。自分の頭の中の言葉を上手に出すというのは、簡単なようで実は難しいです。故に経験が少ない講師は同じ事を何度も話したり、矛盾が生じるなどちぐはぐな状況になることも珍しくありません。浮足立っている講師だと聞いている側の集中力も途切れてくるので、講師の立ち振る舞いも重要です。

人材育成の研修はとても重要です。会社をささえているのは、人です。人材が育たないと会社も成り立ちません。