研修内容を見直す

人材育成研修の成果とは?

人材育成研修とは、企業業績の向上や組織の発展に貢献する社員を育成していく取り組みのことです。「企業は人なり」という言葉があるように、人材の良否は企業の盛衰に対する決定的重要性をもっています。そのため、各種の研修制度を導入している企業の場合は、人材育成の重要性を認識しているでしょう。企業業績との関係からみると、人材育成研修の成果には、顕在的な成果とポテンシャルの成果が考えられます。顕在的な成果には、人材育成研修を行ってから企業業績が目に見えて向上した、という成果です。他方、ポテンシャルの成果には、企業業績の向上がまだ明確に数字に表れてはいないけれども、研修後に社員のスキルや仕事意欲が向上した様相がみられる、といった成果です。

対処法として人材育成研修を見直すときの留意点は?

人材育成研修を行っても思うような成果が出ないと判断する場合もあるでしょう。その場合には、対処法として研修内容を見直す方法があげられます。特に、企業業績の向上を最優先する企業の場合は、人材研修の効果が発現するまで悠長に待っていられない事情があるかもしれません。その場合は、より短期的な効果が出やすい研修プログラムを検討したらよいでしょう。社内で独自の研修制度に依存してたような場合は、外部の専門研修機関をより積極的に活用することも方策の一つです。他方で、企業のなかには、業績にすぐには繋がってはいなくとも、たとえば仕事に関連する資格にチャレンジする社員の増加などを、研修効果の一つとして評価するところもあるでしょう。そうした企業の場合は、成果が出なかったとして直ちに研修内容を見直すというのではなく、より長期的スパンで捉え、もう少し様子をみてみることも方法の一つです。

接客のセミナーでは言葉遣いや挨拶、立ち居振る舞いなどを学べるため、接客業だけでなくそれ以外の職種の人でも一般常識として知っておくべき内容が多く含まれています。