外部から優秀な講師を招きいれることも必要

時間を掛けて研修のテーマに合う講師を決めよう

人材育成研修は、部署内でリーダーシップを取ったり、日々の業務を忠実に遂行したりするうえで大事な機会として位置づけられることがあります。特に、一人ひとりの社員の経歴や能力などに合わせて効果的な研修を実施するには、外部から優秀な講師を招き入れることも必要です。最近では、民間企業と研修講師との橋渡しを行っている仲介会社の数も増えており、担当者に希望条件を提示することで、すぐに目的に合う講師を紹介してもらうことも可能です。また、外部の講師に協力をしてもらいながら研修を進めるにあたり、人事部や総務部の担当者が率先して研修のマニュアルやプログラムなどを作成したり、各部署の社員と事前に面談をしたりすることが肝心です。

外部講師に依頼する際に必要なコストについても確認しよう

外部の優秀な講師を人材育成研修のために招待するには、自社内で研修を行うよりもコストが高くなりやすいため、少しでも経営を圧迫しないよう早いうちから予算の計画を立てる必要があります。例えば、ビジネスの分野で活躍しているスペシャリストに研修講師を依頼するにあたっては、一日あたり百万円を超える費用が発生することも少なくありません。一般的に、研修の期間が長くなるほどコストが嵩むことから、人事部だけで判断をせずに日ごろから経理部の担当者の意見も聞くことが重要です。なお、研修のコストを少しでも安く抑えたい場合には、環境保護や福祉活動などの公益性のある活動に取り組んでいる文化人などを講師に選ぶと良いでしょう。

販売の研修ではまず挨拶や表情、態度や言葉遣い、身だしなみなどの基礎的な接客マナーを学びます。そして待機姿勢はどうすべきか、顧客に対する効果的なアプローチはどうすべきかについても学習します。